日本でプチ整形が流行った背景とその理由を分析


きっかけは韓国発の美容整形ブーム

日本に美容整形ブームがもたらされたのは、韓流ブームに乗って日本にやってきたことに端を発します。それまでは日本国内で美容整形をする人は、富裕層か芸能関係者に限定されていたことから、韓国国内で一般人の間でも美容整形が人気であることに対し、日本人は驚きを持って受け止めたのです。メディアでも連日韓国の美容整形ブームについて取り上げられたことで、日本人も整形に興味を持ち始めました。

親からもらった大切な体という固定観念

しかしながら、当初はさほど美容整形ブームが巻き起こりませんでした。その背景に、日本人の固定観念にあったのです。日本人の多くが、親からもらった大切な体にメスを入れ、好き勝手に変えてしまうことに対する抵抗感が強く残っていました。そのため、韓国人のように気分で整形をしてしまうような気軽さはなく、はじめはなかなか美容整形が日本社会に受け入れられず、美容業界もかなり腐心したといいます。

体を傷つけない画期的なプチ整形

そこで考案されたのが、プチ整形と呼ばれるメスを使わないタイプの美容整形でした。プチ整形は日本生まれのメスを使わない整形の方法で、顔や体に傷をつけなくても、整形をすることができます。特に爆発的に人気を集めることになったのが二重整形でした。日本人の中でも一重まぶたをコンプレックスに感じている人は多く、そういう人をターゲットとして埋没法が誕生しました。メスを使わず、細い糸で皮膚を留めるだけで理想的な二重瞼になることができるので、若者を中心に爆発的に普及したのです。

IPLという特殊な光を肌に照射するフォトフェイシャルは、肌へのダメージがマイルドでレーザー治療よりも負担が少ないと言われています。