皮膚へのダメージが少ない脱毛方法を調べてみましょう!


サロンでの脱毛は肌荒れが気になる人におすすめ

サロンのフラッシュ脱毛は、一回あたりの施術の範囲が広くなく、フラッシュライトの出力もそれほど大きくないため、肌荒れが気になる人も納得のいく効果を期待できます。また、サロンによっては術後の肌トラブルを防ぐために、一人ひとりの利用客の肌の状態に合わせて施術の前にジェルやローションなどを使ってトリートメントを行っているところもあります。そこで、脱毛の施術中の皮膚へのダメージを最小限に抑えたい場合には、顧客サービスが良いところや、エステティシャンの技量が高いところと契約を結ぶことが大切です。もしも、サロンで脱毛をしたことがない人であれば、お試しコースを選択して一か月ほどの期間に気になるパーツのムダ毛処理をお願いするのも良いでしょう。

クリニックの医療脱毛はアフターケアもバッチリ

クリニックの医療脱毛は、エステのフラッシュ脱毛と比較して毛穴や毛細胞へのダメージが大きくなりますが、経験豊かなスタッフによるアフターケアを受けることで肌荒れのリスクに備えられます。また、複数のレーザー機器を採用しているクリニックでは、医師と相談をして、肌質やムダ毛の状態に合った機器を選択することができます。最近では、長期間にわたり美肌を維持できるように、医療脱毛を受けた患者を対象に、定期的に無料で皮膚の状態を診察してくれるクリニックもあります。そのため、本格的に医療脱毛を始めるうえで、各クリニックのアフターケアの流れや主に施術を担当する医療スタッフのプロフィールを把握しておきましょう。

医療脱毛とは医療機関にて医師や看護師が行う脱毛のことを指し、レーザー脱毛ができることが特徴です。レーザー脱毛は毛根にある毛を作る細胞を壊す行為となり、医療行為となるのです。